測定器の校正は提出もしくは受託などのサービスがあります

測定器は常に正確に測定が出来る、測定を行った数値が正しい事を証明する、もしくは測定を行った数値の保証が出来る事が求められます。寸法測定を行った際に、誤差がある事を知らずに品物を販売すると、設計図面の中で指定が行われている寸法とは異なる時には組み付けが出来ない、途中で外れてしまうなど様々なトラブルが生じてしまう事もあります。特に、図面の中で指定が行われている寸法公差は絶対条件になる部分で、測定を行った時に数値が間違っていれば問題が生じやすくなります。正しい値が表示されるか否かは品質を保証する事にも繋がるなどからも、定期的な提出もしくは受託、出張や宅配便などを利用した校正が重要です。数値の誤差を把握しておけば、測定を行った時の数値の保証が出来るメリットを持ちます。

社内で行う事が出来ない場合は専門機関で実施します

測定器を利用する会社は多くありますが、1年に1度や2年に1度などの割合で、提出もしくは受託の形で校正を依頼する会社も多くあります。簡単なものは社内で行う事が出来ても、設備などの関係や信頼性などからアウトソースするケースも少なくありません。専門機関への依頼は、提出もしくは受託などの形で依頼をする事になりますが、これは専門機関に直接持ち込み依頼を行う方法です。 専門機関の中には標準試験室と呼ぶ計測器類の基準となる装置や道具があり、提出もしくは受託で持ち込んだ計測器の誤差の有無や誤差の割合を検査して貰えるようになっています。ちなみに、破損などの危険性が高いものを検査して貰う時などは、他の業者に依頼をして運ぶ事は避け、直接専門機関に持ち込む事が大切です。

証明書類の発行は監査の時に重要な書類になります

専門機関を利用して受託もしくは提出校正を行うと、専門機関が発行した測定器の証明書類を受け取る事が出来ます。例えば、3次元で測定を行う事が可能な計測器は物づくりの中では欠かせないもの、証明書類を受け取る事は3次元計測器の誤差を証明する事になります。3次元計測器で測定したデータはすべてが保証出来る、間違いがない事を実証出来るようになるわけです。定期的な監査の時なども、こうした書類を提示する事は監査での合格を貰えます。 特に、ISOの規格の中には証明書類の有無が問われるので必須です。但し、3次元計測器は設備自体が大きいので、専門機関に持ち込む事は難しく、3次元計測器を依頼する時には巡回もしくは出張など専門機関に来て貰い、誤差の有無などを検証して貰う事になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

見積もり依頼がお勧めな測定器の校正

測定器は物体の寸法、重さ、圧力、温度、電気的特性などを計測するためのもので、物づくりでは欠かせない存在です。電気的特性などの場合は、プリント基板上の特定個所の電圧を計測する、波形を観測して正しい動作が...

宅配便で測定器の校正を任せるメリット

特定の数値を計測する測定器は、精度に重要性があるので、定期的な校正が大切です。本来の性能を発揮するには、誤差を確認したり調整する為の環境が不可欠ですから、相応しい業者に依頼する必要があります。身近な業...