見積もり依頼がお勧めな測定器の校正

測定器は物体の寸法、重さ、圧力、温度、電気的特性などを計測するためのもので、物づくりでは欠かせない存在です。電気的特性などの場合は、プリント基板上の特定個所の電圧を計測する、波形を観測して正しい動作が行われているのか否かの判断材料になります。また、部品にはそれぞれ寸法公差の中で収まっているのかを確認する事が部品の品質を維持させるポイントになっており、ノギスや3次元測定機器、物体の高さを測るハイトゲージ、マイクロ単位で計測を行うマイクロスコープなどを使い、図面との整合性を確認するために利用が行われています。 測定結果は、校正が行われているものを利用した時に保証を取る事が出来るようになるため、定期的な検査を必要とします。社外で行う時などは見積もりを依頼する事がお勧めです。

品質維持管理には欠かせない存在です

測定器はものを計測するための設備です。ゴム部品や樹脂部品などの製造現場では、金型を使った成型で物づくりが行われています。金型は金属の素材で出来ていますが、利用頻度が増して来るとプレス機の圧力により摩耗が生じてしまい、図面が要求する寸法値に入らなくなる事もあります。そのため、定期的に部品の寸法を計測して、金型の状態がどのようになっているのかを把握しておく必要があります。 測定に利用するデジタルノギスなどは校正が行われ、表示される値が保証されているものを利用しなければなりません。1~2年に1度の割合で、基準となるブロックゲージを使い、数値が正しい、誤差がどのくらいあるのかなどを把握しておく事が品質維持管理に必要です。社内で行えない時には外注に依頼する事になりますが、費用は業者により異なるので見積もりを依頼する事が大切です。

オンラインで見積もりを依頼する事も出来ます

測定器の校正を専門に行っている会社などの場合、連絡をしてから会社に来て貰い、その場で見積もりを提出し、作業を依頼するのが一般的ですが、最近はオンラインでの見積もり依頼が出来る会社も多くなっています。金額が会社により異なる事、技術も必要になるので費用も多く掛かる事になります。費用はそれぞれの会社が独自に定めているので、高い会社もありますし、リーズナブルな金額で保証してくれる会社もあります。 測定値の保証のために行うものですが、少しでも安く、しかも正確な検証を行って貰う事が重要であり、数社に依頼をして、金額の比較が大切です。尚、値の誤差がどの程度あるのかを見極める作業になりますが、誤差が大きい時などは新しいものを購入するなどが品質保証に求められます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

見積もり依頼がお勧めな測定器の校正

測定器は物体の寸法、重さ、圧力、温度、電気的特性などを計測するためのもので、物づくりでは欠かせない存在です。電気的特性などの場合は、プリント基板上の特定個所の電圧を計測する、波形を観測して正しい動作が...

宅配便で測定器の校正を任せるメリット

特定の数値を計測する測定器は、精度に重要性があるので、定期的な校正が大切です。本来の性能を発揮するには、誤差を確認したり調整する為の環境が不可欠ですから、相応しい業者に依頼する必要があります。身近な業...