測定器の種類や精度保証のための校正方法について

測定器は長さや硬さ、電圧や波形、温度や圧力などを計測する道具です。正しい方法で校正を行う事はとても重要な事で、正確に計測が出来るか否かが決まります。例えば、デジタルノギスは長さや径を図る時に利用するもので、ブロックゲージと呼ぶ基準となるものを計測して精度を確認します。
例えば、10ミリと20ミリなどのブロックゲージを用意しておく、ブロックゲージは基準となるものなので、ブロックゲージをデジタルノギスで挟み、数値をチェックします。デジタルノギスはデジタル表示で数値を読み取れる道具で、10ミリのブロックゲージを挟んだ時に、表示が10ミリに対してどれだけの誤差があるのかを確認します。また、20ミリのブロックゲージを挟んだ時にも同じように誤差を確認し、その誤差が小さい場合には継続して利用が出来るようになります。

図面交差を満足しているのか否かを測定するための道具

ブロックゲージは上位標準器として使用が出来る基準となるものです。1/10000mmの精度で作られているのがブロックゲージで、デジタルノギスやマイクロメーターの校正を行う時に利用します。ちなみに、マイクロメータは1/1000mmまで計測する事が出来る測定器で、測定方法はブロックゲージをマイクロメータで挟み、数値を読み取って精度保証する事になるわけです。
図面の中にはそれぞれの寸法値が記されており、成形を行った部品が図面で要求されている数字になっているのかの測定を行います。もし、マイクロメータやデジタルノギスの精度保証がなければ、仮に成形トライした時の寸法が図面要求にマッチしているのか否かの保証が出来ない事になります。数値を正しく測定出来るのか否かを検証しておけば、寸法測定を行う時の保証に繋がります。

温度管理は製造における品質保証に繋がります

温度計は測定器の一つで、物体の温度を計測する目的があります。樹脂部品やゴム部品は金型を使って成形を行います。金型は250度や280度など、高温度に加熱が行われ、樹脂材料やゴミ材料は熱で溶かして成形する事になります。金型の温度管理は温度計で行う事になりますが、正しい方法で温度計が校正されていない場合、成形品の品質を保つ事が出来なくなります。例えば、金型温度が低い時、ゴム部品はショート不良を起こす事が多い、樹脂部品などの場合は温度が管理されていないと、その都度収縮率が変わるので同一の寸法公差内に収める事が出来なくなります。これにより小さい過ぎる、大き過ぎるなどの寸法不良が生じやすくなります。
温度計が表示する温度は、金型などの温度を保証すると同時に、製造部品の品質保証にも繋がって来ます。

感電による事故を未然に防ぐためにも、定期的な点検をおすすめします。 家庭、工場の電力計は検定を受ける必要があり、電気機器メーカーがターゲット層であり、電気の適正な取引確保を独立機関として保証しています。 行う私達の主力商品・サービスは電気計器等の検定・検査等行うこと、電気標準等の維持供給、電気計測に関する開発研究です。 測定器の校正は「JEMIC」に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

見積もり依頼がお勧めな測定器の校正

測定器は物体の寸法、重さ、圧力、温度、電気的特性などを計測するためのもので、物づくりでは欠かせない存在です。電気的特性などの場合は、プリント基板上の特定個所の電圧を計測する、波形を観測して正しい動作が...

宅配便で測定器の校正を任せるメリット

特定の数値を計測する測定器は、精度に重要性があるので、定期的な校正が大切です。本来の性能を発揮するには、誤差を確認したり調整する為の環境が不可欠ですから、相応しい業者に依頼する必要があります。身近な業...